松原照子

2011.07.31

松原照子氏は3月11日の大地震を的中した予言者として有名である。
彼女の2月16日のブログで次のような内容の記事を書いていたことが知られている。

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。
「陸前高田」と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。
どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。
指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。
東和と書かれている場所辺りが気になった。
今度揺れると広範囲に思える。
岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。
目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。
千葉も 神奈川も近く揺れると思われるし 東京・埼玉も「なんだこれ」私がおかしいのか群馬も 栃木も 長野も いつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに 私自身 今日は地図を見る力が薄れているのかと 心配になってしまうくらいだ。
もしかすると近日中に何回か揺れを感じるか かなり広範囲なのかもしれないと思った。
もっと他も見ないといけないのだろうが これ程の県名を書いた後だけに見る気がなくなったが 心の中で「揺れる・揺れる」と言っている自分がいた。
http://yoken.terukomatsubara.jp/archives/936.html

上記以外にも地震予知の記事は多いのだが、いずれも太平洋側・東北といった言葉が目立つ。また「東北電力のトラブルが気になる」といった書き込みも発見した。

彼女のブログによれば、不思議な存在が話を聞かせてくれたり、ビジョンを見せてくれたりするそうだ。不思議な存在は複数あり、それぞれ、しゃべり方が違ったり人格が違ったりする。彼女はその話を原稿用紙に書きとめ、その記事をブログにしている。(彼女はパソコンは使えないので、ブログに記事をアップするのは別人のようだ。)

7月8日には彼女の著作である「幸福への近道」も発売した。

(松原照子氏に対する個人的感想)
私は、もし予知といった現象があるとするなら、宇宙(時空)全体の大きな意識にアクセスすることで感じるのではないかと思っている。このブログの記事「予知と宇宙と神」でもそのことを書いた。この考え方であれば、現在の科学の考え方でも矛盾しないのではないか?そして、松原照子氏も、普通の状態の人間であればアクセス出来ない部分に触れることで未来の姿を聞いたのではと創造する。

ただし、松原氏に対して疑問もある。彼女自身はパソコンが苦手なのでブログの作成は別人がやっていると思われるがそれは誰なのだろうか。おそらくワードプレスで作成されたと思われるきれいなデザインのブログである。ウェブ系の能力に関してかなり有能なスタッフがいるのではないだろうか。

また、不思議な存在が語りかける内容があまりにも具体的な場合がある。専門家でしか知らない単語や人物名、地名などが記載されることも多い。もちろんネットを検索すれば不可能ではないので、その点でも何らかのスタッフの力を借りているのではないかと想像してしまう。

(追記:松原照子氏のブログが会員制に・・そして



松原照子の評価
説得力★★★
陰謀的
お金儲け的★★★★★
名声狙い・愉快犯的★★

※この評価は個人的な感想です。