ジュセリーノの予言

2011.07.30

ジュセリーノの予言の方法は夢だ。9歳のときから神秘的な存在が夢の中で未来の出来事を知らせるのだという。彼は見た夢の内容を、その当事者に知らせるために警告の手紙を書くようになった。相手の住所や郵便番号に加え、何を書くかは、神秘的な存在である「助言者」から教えられるという。マスメディアや著書などでは予言の的中率は90パーセント以上であると紹介されている。

(的中したとされる予言)

  • スペースシャトル「チャレンジャー号」の爆発事故
  • チェルノブイリ原発事故
  • ベルリンの壁崩壊
  • F1レーサー「アイルトン・セナ」の事故死
  • 阪神・淡路大震災
  • 東京地下鉄サリン事件
  • ダイアナ妃暗殺
  • ワールド・トレード・センターのテロ
  • スマトラ沖大地震

彼の予言に関する著書は多く、ネット上でもその信憑性をめぐって様々な論議が交わされている。

参考までに2007年度に予言されたリストを下記に挙げておく。

1.小惑星の衝突
 2014年と2025年に地球に衝突する可能性のある二つの小惑星が地球に向かっている。衝突する可能性は、最初のものが60%で、その次が80%である。(未来は確率的なもので、変わりうることを示している)
2.日本に巨大台風
 2007年10月26日に巨大な台風が日本に来る。
3.黒い雲が世界中の空に広がる
 2008年1月から黒い雲が世界中の空に広がり、地球は破滅に向かって突き進んでいく。(2007年12月までに地球環境と温暖化対策を行わなければ地球は大変なことになると警告している)
4.新種の病気エルスが出現
 2008年にブラジルのルワナという薬草からエイズ・ワクチンが開発されるが、エイズよりも強力な新種の病気が発生する。それにかかると4時間で死亡する。
5.巨大地震
 2007年もしくは2008年の7月13日に、日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われる。スマトラ沖大地震を上回る30mの津波が日本を襲う。
 2008年9月13日に中国で大地震が発生し、100万人の死者がでる。
 2009年1月25日にマグニチュード8.9の大地震が大阪や神戸を直撃し数十万人の犠牲者が出る。
 2018年6月に日本の東海でスマトラ地震を上回る巨大地震が発生する。
6.水不足と戦争
 2008年頃からアフリカでかんばつによる水不足が発生し、さらにほとんどの国で水不足になる。水不足が原因で新たな戦争が発生する。(水不足は環境破壊からきている。私たちが物質偏重の考え方を改めれば、水不足も第三次世界大戦も起きないと警告している)
7.地球の砂漠化
 地球全体の砂漠化が始まり、2015年から2020年の間にアマゾンの樹林が消える。
8.火山噴火
 2013年の11月1日から25日の間に、カナリア諸島のラ・パルマ島で火山が噴火して地震が発生する。その直後に150mの巨大津波が発生し、大西洋のすべての海岸に到達する。
9.地球温暖化
 2015年には地球の平均気温が59度に達し、多くの死者が出て世界中がパニックになる。
10.海面上昇と沈没
 2029年頃には世界の島国や半島の国家は海面上昇のために存続が危ぶまれる。
 2038年から2040年には、カリフォルニアと日本からオーストラリアまでの太平洋の島々は、地震と火山噴火のために海中に沈む。
http://newscience.air-nifty.com/blog/2007/05/post_7da6.html
(ジュセリーノに対する個人的感想)
ジュセリーノの予言の信憑性については否定的な意見が多い。というのも、彼の予言には年代や月日などいつ起こるかが記されているだけでなくとにかく数が多いので当たりはずれの判断には事欠かない。それで実際に検証してみるとほとんどがはずれとなる。また当たったとされる予言においてさえも、証拠である文書の日付が書き換えられていたりするなど、かなり怪しい予言者というのが一般的な印象だ。

ところが、もし年月日などの時間が彼の予言に記載されていなかったとしたらどうだろう?意外と的中しているように感じる部分もあるのではないだろうか?(例:日本に巨大台風、巨大地震)

もしかしたら、過去には本当に夢で予知したことが何度かはあるのかもしれない。神秘的なビジョンも見るのかもしれない。

・・ただし現在の彼の印象は、マスメディアに踊らされている操り人形といったところか?



ジュセリーノの予言の評価
説得力★★
陰謀的
お金儲け的★★★★★
名声狙い・愉快犯的★★★

※この評価は個人的な感想です。