京都で地震があるという尼さん予言はずれる

2012.01.18

1月17日に京都で震度3の地震が起きるという尼さん予言ははずれたようだ。これで1月24日の巨大地震の予言の信憑性も低くなったように感じる。そもそも時間指定の予言は的中しないのかもしれない。

ただ、次のように考えることも出来ると思う。

予知というものはいくつもある未来の姿のどれかひとつを見ることである。我々はどの未来に進むかわからないので、予知で見たビジョンが微妙にはずれることも多い。ただ、いくつもある未来の姿はそれぞれが似通っているので、ビジョンと似たようなことは起きる。事象は起きるのだが日にちや時間などはずれる可能性は高い。

これは確率で考えられる世界と同じようなものなのかもしれない。例えていうなら、上空から一枚の紙が落ちるというビジョンを見たとしても、それがどこにいつ落ちるかということはすぐに変わってしまう。しかし、紙はいつか地上に落ちるのだ。

つまり、ビジョンの日付・時間は違うかもしれないが、ビジョンで見た災害はいつか起こるのかもしれない。

17日きませんでした

17日きませんでした 投稿者:みーこ 投稿日:2012年 1月18日(水)12時11分10秒

言い訳になりますが、彼女は結構確信をもっていたようなので、難で来ないんだろう?と考えました。これはスピ系話にちょっとだけ詳しい私の見解で尼情報ではありません。
平成24年1月1日に多くの善良な市民が「今年は災害(地震・津波)がきませんように」と初詣で神仏にたぶんお願いしました。
潜在意識には「災害(地震・津波)24 1」が残ります。これが災害が来そうだといわれてる地域ほどこの祈り方をするのでその集合意識のエネルギーは強くなります。
日にちをしらせてもらった3日の時点では確定していたのだと思います。
そしてネットを見た多くの人が24日予言を注目するようになり17日京都震度3も見てると思います。「外れてほしい」とか京都に向けて癒しのエネルギーを送ってくれたかもしれません。結果 外れました。
これで人々の意識は「24日も来ない その日も普通の日」と24日に集まってるエネルギーが変わるのではと思います。
この24日予言を知らない初詣でかえって地震エネルギーを強める祈り方をした善良な市民のだした意識のエネルギー
vs
17日予言をみて「24日も外れる 24日は普通の日」というネット住民の出したエネルギー
ということになるのでは?

量子力学の世界になるのかな?物質は見たものの意識の影響を受けるとかでしたか?文系頭なんでようわからんですが。

ちなみに予定されてる24日は
平成7年1.17阪神淡路から17年目と7日(1週間)です。阪神淡路の時間も予定される時間も皆眠っている時間 月日とか時間は人間が決めたものですが潜在意識は何か強いインパクトの出来事とかと一緒に記憶するのでは?

     東日本の時間2:46→ 246
   予定される時間 3:51→ 531 並べ替えてます
    足すと          777

いるみじゃないよねえ。 彼ら人の意識についても精通してるし、日付遊びが好きみたいだし~。でも前もって指摘されたら変更するかもです。

24日警報から注意報に格下げです。←尼情報ではありません。私の左脳の見解です。