予言・予知 このブログについて

2011.07.18

2011年3月11日、日本における観測史上最大であるマグニチュード9.0の地震が起こり、その後福島原発が爆発して放射能を撒き散らしてしまった。今までにはSFの世界でしかありえなかったことが現実に起きてしまったのだ。実はその後、ネットの世界で検索数が大幅に跳ね上がった言葉がある。「予言」「予知」と言った類の言葉がそれだ。

従来の常識から覆された人々が神秘的な何かに頼りたいという気持ちが生まれるのは自然なことだろうと思う。そのような思いから何か次の新しい情報をと探し続けた結果、「予言」「予知」といったものにたどり着くのだろう。事実、私もそのようなオカルティックな世界に引き込まれつつある。

しかしながら、否定的に捉えるなら「お金儲け」、「陰謀的な誘導」、「愉快犯」と言った側面も見え隠れする。不幸な人ほど、悪質な宗教の勧誘に乗りやすいというのもまた事実だ。冷静になれば気づくことなのにという場合も多いのである。

そこで、一度自分の頭を整理する意味もあり、予言・予知というものを一歩引いた立場から研究してみたい。予言・予知のサイトを覗くと、どっぷりとその世界感に入り込んだブログなどが多いが、明らかに嘘とわかるものは否定すべきだと思う。出来るだけ理性的な立場でブログを続けてみたい。そして、自分と同じような気持ちを感じている人の参考になれば幸いだと思っている。