地球核力激震10年の予言

2011.10.25

地球核力激震10年

この本は2006年に発行された書籍で、陰陽自然学・180年暦という理論に基づいて未来の世界を予知した本である。注目すべきは2011年の予測として「核事故」が記載されてある点だ。その他、的中していると思える事象も多い。以下にその予知の内容を書き出してみた。

地球核力激震10年 2004~2013年―180年暦が映し出す鮮明な未来 (陰陽自然学シリーズ)

2008年

90年周期の終わり

2009年

90年周期の始まり
新しい世界観文明展望が一気に開き始める事実上の起点の年

2010年

新潮流に移行する橋渡し、駆け引きの年

2011年

国際関係の矛盾を一気に変換せざるを得ない極めて大きな歴史の節目
自己矛盾を抱えながら、無理矢理に新潮流を興す激動の年
・超大火災、世界争乱の大危機
・伝染病蔓延の脅威
・大火、核事故、隕石による危機
・国際関係の矛盾を一気に変換せざるを得ないきわめて大きな歴史の節目
・自己矛盾を抱えながら、無理やり新潮流を起こす激動の1年となる。
・3月に劇的なサイン、9月に大結論。

「3月6日~4月4日、7月7日~11月7日」
極めて重大な政治経済局面、超大火災、天変地異、伝染病、カタストロフィー、核事故警戒
5月10月はテロ、暴動に注意

「3月6日~4月4日、9月8日~10月8日」
この年の前後動向を指し示す重要なサインと結論がある。
政治経済の政策変換、株、レートに明らかな変化が起きる。

2012年

各国家内の権力闘争と南北国家間の紛争調整の一年
浮いた民意、極めて暗い一年、逼迫困窮した社会事情が翌年を激動に導く
◆大水害、水脈汚染による危機。
◆各国家内の権力闘争と南北国家間の紛争調整の一年。 
◆前年の未解決の矛盾をそのまま引きずる不穏内蔵の一年。
◆浮いた民意、極めて暗い一年、逼迫困窮した社会事情が翌年を激動に導く。

2013年

激しい締めくくりがある年
近代史上に残る社会激動、天変地異の年となる
10月から次の10年期の灯がともる

2014~2023年

視聴覚を休息させる時代

(下記のブログから引用した)
オカルト通信、ズバリ言うかも!
多読書評ブロガー(月間101冊超)石井
たっきーの生活に役立つ本物情報。